気軽にできるプチ整形

気軽にできるプチ整形

メスで切開する美容整形もありますが、メスを使わないプチ整形は気軽に整形ができると人気です。

普通の学生や会社員が美容院や歯医者に行くような感覚で美容整形のクリニックを訪れるようになりました。

美容整形を行うクリニックや医師の数も増加し続けています。

インターネットを通してさまざまなプチ整形の広告を見る機会も多いでしょう。

いつでもクリニックのデータを手に入れることができます。

また、興味のある人同士が情報交換をするサイトもいくつもあります。

美容整形は全身が対象になります。

顔といっても、二重瞼にする、鼻を高くする、唇をふっくらさせる、シミやクマを消す、たるみやシワをとる、頭髪を植毛する、体毛を脱毛するなどいろいろあります。

さらに、顔以外では胸の豊胸、乳首の手術、脂肪除去など、自分が気になる部分をプチ整形によって変えることが可能です。

ここで、注意する必要があるのが、けがや病気の治療が目的ではない美容整形では保険がきかないことです。

いくら手軽に手術ができるとはいえ、お値段はそれなりのものになってしまいます。

プチ整形をすることによって、今まで悩んでいたコンプレックスを解消し、前向きな生活が送れるようになった人もいます。

コンプレックスがあると積極的に人と関わることができない場合もあり、経済状態が悪くなったり精神不安をもたらしたりすることもあります。

外見によって、社会面や経済面の成功に結び付いたり、精神の安定につながると考える人も増えています。

そのため、整形を望む人が多くなっているようです。

もともと、体を美しくするプチ整形ですが、コンプレックスをなくし普通になることも目的としている人も多いようです。

また、整形美人が多いとされる韓国では人前で整形をしたことを大っぴらに公表しますが、日本ではごく親しい人にしか話さないようです。

そのため、ある日突然完璧な美人となっては不振に思われてしまうので、短時間で気軽にできるプチ整形が流行しているのかもしれません。

プチ整形に興味がある方におススメなのがこちらです。

プチ整形が出来るクリニック

これから、整形をした人の体験談を紹介していきます。

気軽にプチ整形をする姉妹

プチ整形をはじめとする美容整形は、とても身近なものとなってきています。

美容整形の経験者にはさまざまな背景と動機があるでしょう。

これから、どちらかというと気軽な感じで整形をしている人の話を紹介していきます。

複数のファッション誌をチェックしているという、華やかな雰囲気の20代Aさんは妹と一緒にクリニックを訪れています。

まるで、美容院にでもきたような雰囲気です。

Aさんはこれまで6回の手術を経験しており、二重瞼にするプチ整形の修正手術を繰り返しているとのことです。

Aさん「きつい感じの一重瞼だったので、人からさけられたりバカされたりするような態度を取られることがありました。

二重瞼にしてからは周りの態度も変わったし、お付き合いをする男性とも出会えました。

プチ整形をしてよかったと思います。

彼氏にも打ち明けましたが、別に驚かれませんでした。

彼も自宅で商品を使って二十瞼にしていたそうです。

プチ整形をしていることは、家族・親友・彼氏以外には言いません。

将来は、母を見習ってシワ取り手術を受けるかもしれません。

」Aさんと一緒にクリニックを訪れた妹のBさんは、今回が初めての手術でヒアルロン酸注射で鼻のプチ整形をするそうです。

Bさん「家族、特に姉から鼻のことをいわれて自分でも気にするようになりました。

鼻の他にはエラが張っているのが気になっているので、そのうち手術をするかもしれません。

手術をして、人の目を見てしっかり話せるようになりたいと思います。

」Bさんの決断には姉と母親が大きく影響しているようです。

きょうだいはさまざまな事柄で、理解者にも助言者にもライバルにもなります。

2週間後、再びクリニックを訪れたBさん「自分でも鼻が変わったと思います。

姉も良くなったねと、言ってくれています。

手術をカモフラージュするために、髪を切りました。

洋服や化粧品も買って、これから自分が変われそうです。

プチ整形をして本当によかった。

」プチ整形前には迷っているようでしたが、手術後は満足感が伝わってきます。

Bさんの友人には顔を全部整形した人もいるそうです。

女性にとってきれいでいることは、自分の自信にもつながる大事なことですね。

人並みになるためのプチ整形

50代のCさんは鼻のプチ整形手術を希望しています。

Cさん「小学生のころ、同級生にからかわれてからコンプレックスになっていました。

自尊心がありますので、子供や夫には愚痴は言えません。

家族は私が鼻のことで悩んでいることは思っていないと思います。

8年前に美容整形のテレビを見たとき、いい機会だとおもったのですが家族から反対されて断念しました。

今回はプチ整形で整形が簡単にできるときいて手術しようと思いました。

」Cさんはきれいになりたいわけではなく、せめて人並みになりたいと繰り返します。

Cさん「いい歳してはずかしいのですが、人並みになりたいのです。

夫の地位も上がってきて、いろいろ付き合いもあるのですが、自分がけなされるのはいいですが夫がかわいそうで…この鼻で公の場に出るのはいやなので、夫婦で出席する行事は断っています。

鼻を基準にして人を見てしまうので、誰をみても自分よりよく見えてしまいますいつも引け目を感じてばかりです。

」夫婦の社交活動が重荷になっているようです。